読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2.5次元

【世界1周旅行】殺人を犯してしまったお話【準備編】

大変残念な事件が起きてしまいました。

面白くもない、悲しいお話ですが

お付き合いください。

 

f:id:aquariussprite:20170513132854j:plain

 

コロヤニツ山に登った話は記憶に新しいですが

【世界1周旅行】コロヤニトゥナショナルヘリテッジパーク【準備編】 - 平賀重工業

それに関しては上記リンクでご覧ください。

 

この山には3回登りました。

3回目の下山時に事件は起こりました。

 

自分は順調に下山しているつもりでした。何回も振り返り、女子二人が

ちゃんとついてきているかどうか確かめて下山しました。

少なくとも、置いて行ってはいなかったです。

 

そして下の村まで直線距離100メートル。目の前に村があります。

あとは川を渡るだけです。自分は帰ってきたと安心しました。

 

自分は先に行ってレセプションでタクシーの予約をしていました。

タクシーの予約も終わり、村の子供と遊んでいたのですが

なかなか二人が来ません。

 

おれは元の道を戻ると、片方の女の子が立っていました。

結論から言うと

 

一人が行方不明になりました

 

恐ろしいことです。この森で行方不明になったら、食料もないし

水はありますが、明かりもないし夜になったら、生存率は50%でしょう。

 

とりあえず、自分は一旦来た道を引き返し、大木まで戻りました。

しかし女の子の姿は見えません。

 

村に戻って、事情を話捜索をしてもらうことになりました。

村の若者総出で捜索することになったのです。

 

もちろん自分も捜索しました。

見失ってから5時間。探し続けました。

ですが見つかりません。時刻は4時半。日没は5時半

 

そしてついに決断しました。

おれは村に帰りました

自分まで死んでしまうからです。

それにもう一人の女の子を一人にするわけにはいきません。

ここで、自分が女の子を殺してしまったことが確定します。

 

大変悩みました。後悔しました。

「村の目の前まで来てなぜ遭難した」

「最後までちゃんと見てあげればよかった。普通の女の子だ」

「もし、見つからなかったら日本に帰れない」

「自分の体力も限界に近かった」

「だからおれは彼女の命をあきらめた。」

「なぜ前日チョコを捨てた!?」

 

考えはいろいろ出てきました。

ですが、この機に及んで自分のことしか考えてなかった

自分がとても恥ずかしかったです。

 

その後彼女は17時に、村人に発見されました。

彼女は川のほとりで、遺書を書いていたところを発見されたそうです。

 

f:id:aquariussprite:20170513140024j:plain

女の子は見つかり、みんな無事に帰ってきました。

 

でもその子の一生のトラウマになる思い出を作ってしまいました。

いやむしろ、思い出にもならずに終わったかもしれません。

 

自分はどうすればいいかわかりません。